2012年06月17日

エレガンス漂う王道のプリンセスウェディングスタイル 

Blogをご覧の皆様こんにちはface01icon12

6月に入りいよいよ梅雨の季節がやってきましたが、皆様いかがお過ごしですか?
雨の日は、つい気分も憂鬱になってしまいがちですよね。

今回は、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる、
大人気のオリジナルライン「アビーシリーズ」
ご紹介しますicon09icon14

一生に一度の結婚式icon12

ロマンティック、エレガント、モード・・・・様々なティストが溢れるウェディングドレス

皆様はどんな風に「なりたいイメージicon12」のドレス姿を思い描いていらっしゃいますかface02icon14

少し前になりますが、
イギリスの王室、ウィリアム王子とケイトさん(キャサリン妃)のロイヤルウェディングが話題になりましたねface02
ラビアンローゼにご来店されたお客様の中にも、ケイトさんのウェディングドレス姿に憧れて
クラシカルでロイヤル感漂う、上品なドレスを着たいです!!という花嫁からの声をたくさん
耳にしました。





そんな花嫁様のご要望とスタッフからの熱い要望を叶えるべく誕生したのがこちらのドレスです

↓    ↓    ↓









幼い頃に憧れた美しいプリンセスのイメージそのままに、女性なら誰もが夢見る、ロイヤルウェディングicon12
上質なレースと光沢感が美しいロイヤルサテンが歩くたびに輝いて、
見る人すべてを魅了する、繊細さと華やかさを備えています。

今回のシリーズは、クラシカルなディティールと上品さと華やかさを兼ね備えたデザインにこだわりました。
まろやかな、光沢を放つロイヤルサテンのスカートは、ボックスプリーツで「可憐でノーブルな美しさ」を表現!
鎖骨ラインのに美しさにこだわった、パコダスリーブは、スパンコールを品よくちりばめたリバーレースが
気になる背中や肩、二の腕をカバー。ほのかに肌が透けることで重たくならずエレガントな印象をもたらします。

バックスタイルは前回に続いて、2WAY使用icon22

オーガンジーの軽やかなロングトレーンを付けて、エアリー感漂うバックスタイルと
トレーンを外すして、ウェストに上品なリボンを付けて上品クラシカルスタイルとで
バックスタイルを2回楽しめますicon06


2012icon12アビーシリーズ
時代を超えて愛され続けている“王道ドレス”に今年らしさ溢れる「エッセンス」を加え新しい“王道スタイル”を表現しましたicon12

結婚式をご予定の全国の花嫁さまicon12
新しい“王道スタイル”を体感しに、ラビアンローゼへお越しくださいませface06

その②につづく。。。。








  

Posted by ラビアンローゼスタッフ at 12:51Comments(6)TrackBack(0)ドレスについて